メイン画像

「コトバ座」のご案内

日本語基準

お問い合わせ



データ分析の成果を公開

C i v i l
P A R K


企 画 展  コトバ座農場(ファーム)

■【言語研究】『「カタカナ語」の研究―現代日本語の変わり方への視座―』
1995年と2018年の「カタカナ語」比較(中途版です)
(ヨコ書き版)1,405KB
(タテ書き版)1,375KB

■【言語研究】リレー形式 『ボクとワタシの ことば ばなし』第1話
       ことばとリズム、日本語オノマトペ、明治翻訳語診断

■【言語研究】リレー形式 『ボクとワタシの ことば ばなし』第2話
       残されないことば、「共通語」がやっぱ変、「噂ことば」と「仕事ことば」

■【言語研究】リレー形式 『ボクとワタシの ことば ばなし』第3話
       負けない「です」の物語、困った「新東京ことば」、“I think”と「思う」

■【言語研究】リレー形式 『ボクとワタシの ことば ばなし』第4話
       世界の言語と日本語、「話しことば」について、早わかり文字の歴史

■【言語研究】リレー形式 『ボクとワタシの ことば ばなし』第5話
       心の風景と心の日本語

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※各考察はPDF形式ファイルです。
※『「カタカナ語」の研究』のヨコ書き版・タテ書き版について
 内容は同一です。日本語の文章スタイルとして、読みやすさを検証する目的で作成したものです。

レストラン・コトバ座

『「言語文化」と東北地方』 ―暗いイメージを塗り替えよう

『「文化」という日本語』 ―日本語側からのアプローチ

『「文化」という日本語』 ―Culture側からのアプローチ

『「田舎」「百姓」「農夫」』 ―田園性を表すことばと「文化」

『近代日本語学と岩手』 ―大槻文彦と金田一京助

『地名アクセントと東北地方』 ―大丈夫です、理に叶ってます

『「んだ」論』 ―日本語ニーズを満たす楽しさ

『「復興」と東京オリンピック』 ―伝えることばを編む条件

『通じる日本語使おうよ』 ―コミュニケーション・ギャップと日本語

『ことばというインフラ』(横書き368KB)(縦書き366KB)―ことばの機能を保つために

『Common、Social、Public』 ―人の集まりと繋がり

『ボクたちの「自由」』 ―freedomとliberty

『日本語の敬語を考える』 ―会話体の敬語と文章体の敬語

『「現実」「事実」「真実」』 ―「フェイク」への認識について

『リテラシーへの眼差し』 ―脱「教えない/わからない」へ

『「批判力」について』(横書き375KB)(縦書き366KB) ―自分力を養うために

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※各考察はPDF形式ファイルです。
※「縦書き」の記入がないファイルは、すべて横書き形式です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私たちは、ことばによる暴力と差別に反対します。


※このページのスマートフォンでの閲覧は、推奨いたしません。


※このサイトに掲載されている図画、文章及び付属するコンテンツの著作権は、シンキング・バーズまたは該当する著作権者に帰属しています。無断転載、転用は固くお断りします 。